先生

コスパ抜群の美容手術

カウンセリング

入院する必要がない

顔のたるみを除去するための施術は、美容外科だけでなく、エステサロンでも行われています。エステサロンでは美容外科のように手術をすることはできないようになっています。そのため、美容クリームなどの化粧品やハンドマッサージにより、たるんだ皮膚を引き締めて、顔のたるみを目立たなくすることに重点が置かれています。そのため、効果を持続させるためには、定期的にエステサロンに通って施術を受け続ける必要があります。その一方、美容外科では、顔のたるみを除去するために多岐にわたる治療が行われます。脱脂術やフェイスリフトといった切開手術を伴う治療方法や、サーマクールを始めとする機械を使った治療法、ボトックス注射など、症状に応じてさまざまな治療法が選択できるのが特徴です。最も手軽で利用者の多い脱脂術は、30分ほどの短い手術時間ですむため、入院の必要がありません。手術後に、病院でアイシングをした後、すぐに帰宅することができます。仕事や家事で忙しい女性にとっては、入院の必要ないのは大きなアドバンテージです。また、手術した当日にシャワーや入浴もできるので、普段の生活習慣を変える必要がないところも、女性たちに支持されています。抜糸するために、手術の1週間後にもう一度通院する必要はありますが、カウンセリングのための通院で1回、手術のための通院で1回、そして抜糸のための通院で1回という合計3回の通院だけで済みます。少しの通院で顔のたるみを取る手術が完結するため、負担の少ない手術だといえるでしょう。美容外科で行う顔のたるみを除去するための手術は、効果が長く持続するのも人気の理由です。脱脂術やフェイスリフトによるたるみ取りは、効果がほぼ半永久的に持続します。手術して1年後、あるいは3年後になっても、効果が薄れることがないため、たいへんコストパフォーマンスが優れています。また、手術の成功率も高いので、安心できる点も見逃せません。費用は、どの治療方法を選択するかによって異なりますが、脱脂術の場合、両目のたるみを取る手術で20万円前後となっており、誰にでも支払える範囲に留まっています。ボーナス払いやローンなど毎月の支払い金額を小さくできる手段も提供されています。